【目的別】「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の解決法

【目的別】「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の解決法ブログノウハウ

サイト運営にGoogle Search Console(サチコ)を利用していると時々エラーを通知されます。

今回は「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というエラーです。

このエラーは多くの場合、設定を修正すれば解決できます。

エラーになったページをインデックスしたいかによって手順が変わるので、ご自身の目的に合った手順を実施する必要があります。

広告
そらしど

本業はWebプログラマー。
Cocoonのデザインをカスタマイズやブログノウハウを紹介しています。
気まぐれに遊べるおもちゃも作ってます。
リクエストは無料なので、気軽に投稿してください!
趣味はお昼寝です。
詳しいプロフィールはこちら

フォロー

エラーの原因

エラーの原因

サチコのエラーメッセージに付け加えると次のようになります。

(XMLのサイトマップで)送信された(インデックスを依頼した)URLにnoindex(インデックスしない)タグ(設定)が追加されています(どっち?)

インデックスする/しない設定に一貫性がないと発生してしまいます。

なのでエラーを解消するには設定の矛盾を解決する必要があります。

エラーの解決法

解決方法

前述した通り、エラーになったページをどうしたいかによって手順が変わります。

エラー解決手順
  • サチコでエラーになったページを確認

    すでに把握している場合はスキップでOK

  • WordPress管理画面で設定の矛盾を解消

    目的別で手順が変わる

  • サチコでsitemap.xmlを送信

    任意

  • サチコで「修正を検証」ボタンを押す

サチコでエラーになったページを確認

サチコの画面でどのページがエラーになったか確認します。

画面遷移

サチコ→カバレッジ→詳細のエラーを選択

カバレッジを選択
カバレッジを選択
詳細のエラーを選択
詳細のエラーを選択

※後から取得した画像のため、合格と表示されています。

画面下部の「例」に表示されるURLを確認します。

例に表示されるURLを確認
URLを確認

複数エラーが検出された場合は複数のURLが表示されます。

URLのコピーは不要です。サチコはまだ利用するので閉じず、残しておいてください。

WordPress管理画面で設定の矛盾を解消

個々の手順は目的によって変わります。該当する目的の手順を開いてください

XML Sitemapというプラグインの設定が原因が多いです。

なおXML Sitemapを使ってないのにエラーが出た場合は自分で作成したページの可能性が高いです。インデックスしたいかしたくないかによって別トグルの手順を実施してください。

このプラグインでHTMLでのサイトマップを含める設定にしていると高確率でカバレッジエラーになります。

この設定をやめるとエラーが解消されます。

画面遷移

WordPress管理画面→設定→XML-Sitemap

設定→XML-Sitemap
設定→XML-Sitemap

基本的な設定の高度な設定にある「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外します

HTML形式でのサイトマップを含めるのチェックを外す
「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外す

インデックスしたい(検索結果に表示したい)場合は記事に設定されたnoindexを解除します

ここではCocoonの例を解説します。

利用しているWordPressテーマやプラグインによって設定場所や細かい表記が変わります。

画面遷移

WordPress管理画面→投稿→エラーになった記事を選択(編集)

エラーになった記事を選択
エラーになった記事を選択

ページ下部にあるSEO欄「インデックスしない(noindex)」のチェックを外します

インデックスしない(noindex)のチェックを外す
「インデックスしない(noindex)」のチェックを外す

記事を更新します。

Googleに送信しているXML形式のサイトマップから該当の記事を削除します。

noindexを設定しないままページを公開すると下図のようにXML形式のサイトマップにページが追加されてしまいます。(「トップページのURL/sitemap.xml」で見ることができます。)

XML形式のサイトマップにページが追加されている
XML形式のサイトマップにページが追加されている

ここで追加されたページは後からnoindexに設定しても反映されません

投稿一覧でIDを確認し、XML SitemapのEXcluded Items欄「投稿(個別記事)を含めない」に入力することでサイトマップから削除できます。

投稿IDを確認
投稿IDを確認

投稿一覧にIDが表示されていない場合は表示オプションでIDにチェックを入れると表示できます。

表示オプションでIDにチェックを入れる
表示オプションでIDにチェックを入れる

Cocoon設定で非表示にしている可能性があります。

画面遷移

WordPress管理画面→Cocoon設定→管理者画面

「投稿ID」にチェックを入れてください。

投稿IDにチェックを入れる
「投稿ID」にチェックを入れる

XML Sitemapの設定に除外する投稿IDを入力します。

画面遷移

WordPress管理画面→設定→XML-Sitemap

XML SitemapのEXcluded Items欄「投稿(個別記事)を含めない」に確認した投稿IDを入力します。

投稿(個別記事)を含めないに投稿IDを入力
「投稿(個別記事)を含めない」に投稿IDを入力

複数のIDを入力する場合はカンマ(,)で区切って入力します。

画面下部の「設定を更新」ボタンを押して保存します。

設定がうまくいくとXML形式のサイトマップから該当のページが削除されていることが確認できます。

XML形式のサイトマップから該当のページが削除されている
XML形式のサイトマップから該当のページが削除されている

サチコでsitemap.xmlを送信

修正したXML形式のサイトマップをサチコからGoogleに送信します。

ちなみにこの手順は必須ではありません。スキップしたり順番を間違えても大丈夫です。

サチコのサイトマップページに自サイトのサイトマップURLを入力して送信します。

画面遷移

サチコ→サイトマップ

サイトマップURLを入力して送信
サイトマップURLを入力して送信

サチコで「修正を検証」ボタンを押す

サチコからGoogleに修正したことを報告して再検証を依頼します。

手順「サチコでエラーになったページを確認」で最後に開いていたページから依頼できます。

画面遷移

サチコ→カバレッジ→詳細のエラーを選択

画面上部にある「修正を検証」ボタンを押します

修正を検証ボタンを押す
「修正を検証」ボタンを押す

依頼が完了すると「検証:開始」と表示され、ボタンが「詳細を表示」に切り替わります。

依頼が完了すると検証:開始と表示される
依頼が完了すると「検証:開始」と表示される

まとめ

サチコが検出する「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの解決方法を紹介しました。

目的別で手順が違うため調べても分かりにくいですが、落ち着いて対処しましょう。

予防策は「記事公開前にnoindex設定の確認」と「記事公開後になるべくnoindex設定を変えない」ことです。

もし後からnoindex設定を変えたい場合は、合わせてこの記事で紹介した操作をやっておくとエラーが検出されません。

分からないことや質問があれば下記から気軽に連絡ください。

そらしど
そらしど

最後まで読んでいただきありがとうございました。


できる100の新法則 Google Search Console これからのSEOを変える 基本と実践 できる100の新法則シリーズ

ブログノウハウ関連のおすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました