【レビュー】多機能な動画変換ソフト「HD Video Converter Factory Pro」の概要と感想

【レビュー】多機能な動画変換ソフト「HD Video Converter Factory Pro」の概要と感想パソコン知識

WonderFox様より「HD Video Converter Factory Pro」のレビュー依頼を受けました。

レビュー用にライセンスコードをいただいたので、それを元にレビューをしました。

そらしど
そらしど

機能がとても多彩なので、私が普段行っている作業を中心に紹介します。

広告
そらしど

本業はWebプログラマー。
Cocoonのデザインをカスタマイズやブログノウハウを紹介しています。
気まぐれに遊べるおもちゃも作ってます。
リクエストは無料なので、気軽に投稿してください!
趣味はお昼寝です。
詳しいプロフィールはこちら

フォロー

HD Video Converter Factory Proとは

株式会社WonderFoxの動画変換ソフトです。動画変換ソフトですが、画面録画やGIF作成など機能が豊富です。

WonderFox HD Video Converter Factory Proは多機能な動画変換ソフトです。動画の形式変換、エンコード、編集、ダウンロード、録画など様々な機能を備えています。WonderFox独自の動画エンコード技術を採用することで、HD Video Converter Factory Proは数多くの変換ソフトから際立ち、より高い品質の動画を出力できます。

WonderFox HD Video Converter Factory Pro―超高速HD動画変換ソフト

システム要件

聞きなれない方もいるかと思いますが、使用するのに必要なマシンスペックの事です。

システム要件を満たしていないとうまく動作しない可能性があります。購入を考えている方は確認しましょう。

無料ダウンロードした状態がお試し版なので、そこからチェックできます。

HD Video Converter Factory Proのシステム要件
  • 対応OS:Microsoft®Windows®11/10/8.1/8/7/Vista…
  • プロセッサ:Intel®、AMD®、 1.5 GHz以上
  • ビデオカード:NVIDIA® GeForce® 、Intel® HD Graphics、AMD Radeon™
  • ディスプレイ:画面解像度1200×768以上
  • RAM:1 GB 以上
  • ハードディスク容量:300MB(ソフトインストール用)

自分のパソコンの情報を確認する方法はOSのバージョンによって変わる為、割愛します。

「WindowsXX プロセッサ 確認」などで検索すると確認方法が分かります。

ココが嬉しい
  • 要求されるシステム要件は最近のWindowsパソコンであれば満たしている

Windows8以前も使用できるようなので、スタンドアローンなパソコンにインストールして使うのも有りかもしれません。

ココが物足りない
  • MacOSやスマホでは使えない

クリエイター御用達のMacでは使用できません。最近はスマホでブログ執筆や動画作成を完結する方もいますが、スマホでも使用できません

HD Video Converter Factory Proのライセンスおすすめランキング

HD Video Converter Factory Pro永久ライセンス

3880円(税別)
買い切り版で生涯無料アップグレード&サポート。
※上記はよく開催されているセール中の価格。通常価格は7760円。

HD Video Converter Factory Pro

3280円(税別)
1年間の無料アップグレード&永久使用
今の機能で満足しておりアップデートが不要な場合はこちら

HD Video Converter Factory Pro

6580円(税別)
PC3台分のライセンス。生涯無料アップグレード&サポート。
2台以上使用するならこちらがお得。
※上記はよく開催されているセール中の価格。通常価格は8880円。

インストール

ダウンロードは製品ページの「無料ダウンロード」ボタンから行います。

ライセンス購入者もダウンロードは同じです。

特にこだわりがなければセットアップウィザードの通りに進めばいいので簡単です。

無料インストール後に入力ができるので、ライセンス購入済みの場合は発行されたライセンスコードを入力します。

HD Video Converter Factory Proライセンス入力
ライセンス入力画面

トップ画面

HD Video Converter Factory Proトップ画面
トップ画面

画面上部と下部にあるアイコンから各機能を選択します。

動画編集も「変換」に含まれる点を戸惑う方がいるかもしれませんが、それ以外は迷うことはない印象です。

GIF作成だけは変換元をトップページで選択します。

GIFの変換元を選択
GIFの変換元を選択

変換

HD Video Converter Factory Proの変換機能

動画を別のフォーマットや設定に変換する機能です。動画編集機能もあります。

変換したいファイルを選択すると次の画面になります。

HD Video Converter Factory Pro変換画面
変換画面

ファイルは動画だけでなく音声ファイルも選択できます。

ココが嬉しい
  • 500種類以上の変換フォーマットが選べる
  • ロスレス圧縮機能
  • 変換後の操作を設定できる
  • 基本的な動画編集機能も備えている
ココが物足りない
  • 字幕の追加・編集はASSファイルやSRTファイルを別途用意する必要がある
  • 動画にBGMや効果音をつける機能がない

変換フォーマット

HD Video Converter Factory Proの動画出力フォーマット

上記画像の通り豊富な出力フォーマットがあります。

なにより嬉しいのが使用環境に合わせた選択肢が用意されていることです。

形式やデバイスを選択することで、各環境に合わせた選択肢に切り替わります。

本ソフトのダウンロード機能からダウンロードした動画などを、自分の所持しているデバイスに最適なフォーマットへ変換して楽しむことができます。

ロスレス圧縮

変換したファイルをアップロードしたりコピーしたりする際は、なるべくファイルサイズが軽い方が良いですよね。

ロスレス圧縮は品質劣化をさせずにファイルサイズを小さく圧縮できるので、ファイルの軽量化が必須なブロガーにも嬉しいと感じました。

変換後の設定

HD Video Converter Factory Proタスク完了後処理

変換ボタンの隣にある目覚まし時計のようなアイコンから、タスク管理という機能が選択できます。

設定しておくと動画変換後に次の動作をしてくれます。

タスク完了後に予約できる操作
  • 何もしない(デフォルト)
  • 出力フォルダを開く
  • ソフトウェアを閉じる(本ソフトを閉じる)
  • ソフトウェアを再起動する(PCを再起動する)
  • シャットダウン
そらしど
そらしど

ソフトウェア被りで意味が異なるのは、ちょっと紛らわしいですね…

OSのアップデートがあるときや寝る前、出掛けに設定しておくと効率的です。

動画編集機能

Windows10の標準動画編集ソフトといえばフォトです。

本ソフトはフォトではできない機能が数多くあります。

クロップはWebの無料ソフトを含めても意外とできるものが少ないのでありがたいです。

エフェクトで指定した場所にモザイクをかけることができるのも、同ソフトの録画機能と相性が良いです。

字幕

HD Video Converter Factory Pro字幕機能

動画の変換画面でプレビューを見ながら字幕を編集することはできません

本ソフトで字幕を追加するには拡張子がASSやSRTのファイルを使用します。

ASSファイルやSRTファイルは字幕表示を指定するテキストファイルです。

テキストファイルなのでメモ帳などのテキストエディタで編集できますが、記述ルールがある為、慣れないと思い通りに作成するのが困難です。

SRTファイルの例
1
00:00:00,000 --> 00:00:05,000
て

2
00:00:05,000 --> 00:00:10,000
す

3
00:00:10,000 --> 00:00:15,000
と

SRTファイルはUTF-8で拡張子を「.srt」と指定して保存します。

テキストエディタで記述し、都度アップロードして確認が必要なので手間がかかります

Windows10であればフォトのテキスト機能を使用した方が手軽です。

BGMや効果音

動画に後から音を追加することはできないようです。Youtube用などで音にもこだわりたい場合は物足りないかもしれません。

そらしど
そらしど

本格的な動画編集は別ソフトの方が良いと思います。

録画

PCで表示している画面を録画して動画ファイルとして保存することができます。

Windows10であれば初期からインストールされている「ゲームバー」からも録画自体はできます。

WonderFox HD Video Converter Factory Proの強みは録画する画面サイズをあらかじめ設定できることです。

録画したい範囲が決まっていれば、後々クロップする必要がなくなります。

実際に録画機能で作成してみた動画

そらしど
そらしど

私はブログ用に画面録画をしていたので、この機能はまさにほしかった機能でした。

GIF作成

GIFファイルは画像をパラパラ漫画のように次々と表示できることが特徴です。アニメーションGIFやGIFアニメと呼ばれます。

本ソフトではそれを簡単に作成することができます。

GIFアニメを作成できるフォーマット
  • 動画をGIFに変更
  • 画像をGIFに変更

動画をGIFに変更

目的によっては動画よりGIFの方が向いている場合があります。そんな時に動画からGIFが作れると便利です。

GIFのメリット
  • 再生ボタンを押されなくても動く
  • 自動でループする
  • 大抵の環境で動作する
  • リンクにできる

WordPressは一応動画にも自動再生やループ機能もあります。

GIFのデメリット
  • 音声は入らない
  • 長尺だとファイルサイズが動画より大きくなる
  • 使用できる色が256色と少ない

実際の画面は次の画像の通り。

HD Video Converter Factory Pro動画からGIFを作成

トリミングやフレームレート調整などを変更することができます。

動画が高品質すぎる場合や品質を気にしない場合は、品質を落とすとファイルサイズを軽量化できます。

そらしど
そらしど

クロップは見当たらないので、変換機能からする必要がありそうですね。

変換可能な拡張子(一部は)次の画像の通り。

HD Video Converter Factory Proの動画フォーマット
そらしど
そらしど

iPhoneなどで録画した時にできるmovファイルもあるので、スマホはiPhoneというユーザーも安心ですね。

実際に動画からGIFに変更したGIF

①設定デフォルト

HD Video Converter Factory Pro動画から変換したGIF

②設定で品質を高品質→低品質に変更

HD Video Converter Factory Pro動画から変換したGIF低品質版
そらしど
そらしど

ウェブで使用する色は256色どころじゃないので、あまり相性はよくないかもですね…

画像をGIFに変更

画像を複数組み合わせることでアニメーションを作ることもできます。

ビフォーアフターを表現したりキャッチーな広告リンクを簡単に作成できます。

実際の画面は次の画像の通り。

HD Video Converter Factory Pro画像からGIFを作成

フレームレートはデフォルトの0.01では早すぎる場合が多そうです。最大2.19まで変更可能です。

実際に画像からGIFに変更したGIF

フレームレートは0.5にしました。(画像はこちらの記事から)

ツールボックス

HD Video Converter Factory Proツールボックス

その他みたいな位置づけのツールボックスですが、意外と便利なツールがそろっています。

ツールボックスで出来ること
  • 写真を動画に
  • スクリーン分割ツール(複数の動画を並べた動画を作成)
  • ベルツール(着信音作成)
  • 字幕エクスポート(動画から字幕を抽出)
そらしど
そらしど

「写真を動画に」はプレビューと違う動画ができたのが不思議…
「スクリーン分割ツール」は分割パターンが少なく、勝手にクロップされる…
「ベルツール」はmp3かm4rに変換可能。音声抽出機能と合わせると便利そう
でした。

まとめ

HD Video Converter Factory Proを使ってみた感想でした。

がっつり動画編集をする方の場合はもっと高額(1~4万円くらい)で動画編集に特化したツールの方がおススメです。

また無料でも複数のアプリを使い分ければ実現も可能です。

個人利用や簡単な加工であれば安い・多機能・無料より高品質な本ツールを一本持っておくと便利でしょう。

分からないことや質問があれば下記から気軽に連絡ください。

そらしど
そらしど

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました